トップ >  欧州ヘッジファンドの所在地、最新トレンド ―アイルランド、ルクセンブルクなどにシフト

欧州ヘッジファンドの所在地、最新トレンド ―アイルランド、ルクセンブルクなどにシフト

欧州のヘッジファンドの所在地が従来のケイマン諸島、バミューダ諸島、ヴァージン諸島などから、チャネル諸島、アイルランド、そしてルクセンブルクなどにシフトしつつある、と4月6日付の英フィナンシャルタイムズ紙は報じている。新しい候補地は多様化したヘッジファンドの活動に合わせて規制を緩和し、サービスを強化して、ヘッジファンドのニーズに柔軟に対応している。
ヘッジファンドが所在地に求めているのは、投資家に負担のかからない税制度、柔軟な資産運用が可能であること、ファンドの承認に時間がかからないこと、そしてファンドの運用業務をサポートするインフラが整っていることである。ファンド・オブ・ファンズ運用会社、キーアセットマネージメントがアイルランドでファンドをローンチしたのは、飛行機で片道45分という地理的利便性や英語が通用することに加えて、アイルランド当局がヘッジファンドのニーズに対して柔軟に対応しているからである。1997年に導入されたクウォリファイ・インベスター・ファンド制度は、運用手法やレバレッジに対する制限がない。ルクセンブルグの改正された新スペシャライズド・インベストメント・ファンド制度は、資産委託運用やレバレッジに対する規制がないだけでなく、ファンド運用会社がローンチ1ヶ月前に当局に通知すれば、すぐに事前承認がもらえ、その後2週間以内に正式な承認を得る事が可能。チャネル諸島のジャージー島のエキスパート・ファンズ制度では資産委託運用やレバレッジに対する規制がないほか、商品の申請をしてわずか3日で承認される。同じくチャネル諸島のガーンジー島のクウォリファイング・インベスター・ファンド・クラスBはジャージー島のエキスパート・ファンズと同様の制度で、オープンエンド型のファンドに対しても規制がない。また、手数料が低いことから、マン島やマルタ島の人気も上がっている。



欧州ヘッジファンドの所在地、最新トレンド ―アイルランド、ルクセンブルクなどにシフトに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする