トップ >  ベアーSの経営破たん、ヘッジファンド依存の収益体質が原因

ベアーSの経営破たん、ヘッジファンド依存の収益体質が原因

ウォールストリート・ジャーナルは3月17日付の紙面で、米大手投資銀行のベア・スターンズが破綻に至った大きな原因の一つは、同行から事業資金を借り入れていたヘッジファンドが相次いで、同行との関係を解消したためと報じている。
ヘッジファンドは、ベア・スターンズのような投資銀行に口座を開設し、証券などの担保資産を差し入れて事業資金を借り入れているが、ベア・スターンズの資金繰り悪化の噂が広がる中で、相次いで口座を解約したため、同行は経営破たんに陥ったとしている。

こうしたベア・スターンズのプライム・ブローカー業務は、調査会社のクレジットサイツによると、同行の収益全体の10%以上を占めるほど大きな収益源の柱になっていた。

しかし、ここ数週間は、シタデル・インベストメント・グループとルネッサンス・テクノロジーズの大手ヘッジファンドが、同行の口座を解約し、バンク・オブ・アメリカなど他のプライム・ブローカーに担保資産を移し替えたことから、同行に対する風当たりが強まっている。

ヘッジファンドは、プライム・ブローカーから事業資金を借り入れているため、プライム・ブローカーが破産法の適用申請など深刻な経営問題に直面した場合、担保資産が凍結されるとか、返還されないという事態を恐れる。

ただ、大手ヘッジファンドのポールソン・アンド・カンパニーは引き続き、ベア・スターンズとビジネス関係は維持する意向。同行は規制金融機関なので危機を乗り越えるのに必要な資金は十分あると見られることや、ポールソンの場合、事業資金は借り入れに頼っていないこともある。



ベアーSの経営破たん、ヘッジファンド依存の収益体質が原因に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする