トップ >  米リッチー・キャピタルの旗艦ファンドの投資家グループ、連邦倒産法適用を申請

米リッチー・キャピタルの旗艦ファンドの投資家グループ、連邦倒産法適用を申請

米ヘッジファンド運用会社のリッチー・キャピタルは、運用する旗艦ファンドの投資家グループからファンドの破産処理と不正疑惑の調査を迫られている。
投資家グループは26日、イリノイ州の破産裁判所にファンドに対する連邦倒産法11章の適用を申請した。
リッチー・キャピタルの旗艦ファンド「リッチー・マルチストラテジー・グローバルファンド」は、2年前にファンドのストラテジーを長期投資型に変え、プライベートエクイティや不動産にシフトしたころからリターンが低迷し、その後、投資家との合意で資金償還プロセスに入っていた。
投資家グループが裁判所に提出した申請書では、リッチー・キャピタルが、ファンドから不正に報酬を受け取った可能性についても調査するように求めている。

リッチー・キャピタルは4月に、マルチストラテジー・グローバルファンドのポートフォリオの大部分を、米リザーバー・キャピタル・グループに売却している。しかし、投資家グループの代理を務める法律事務所によれば、リッチー・キャピタルは売却後もそのポートフォリオの運用を続けており、その財務情報の開示を拒否しているという。
そのため、ファンドの債権者である投資家グループは、リッチー・キャピタルが投資家の利益を損なうファンド運営を行うおそれがあるとし、今回の申請が行ったとしている。



米リッチー・キャピタルの旗艦ファンドの投資家グループ、連邦倒産法適用を申請に関連する記事

2007年12月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする