トップ >  米リッパー、北米対象のヘッジファンド・アワードを発表―戦略ごとに10本を選出

米リッパー、北米対象のヘッジファンド・アワードを発表―戦略ごとに10本を選出

米ファンド情報会社リッパーは9日、北米のヘッジファンドを対象とした初のヘッジファンド・アワードを発表した。アワードに選ばれたファンドは次の通り。


戦略ファンド名 転換社債アービトラージInflective Convertible Opportunity fundエマージング市場Qinhan China fund商品先物Di Tomasso Equilibrium Trading Program fund株式マーケット・ニュートラルMolnir Market Neutral fundイベントドリブンDynamic Power Hedge fund債券アービトラージObsidian fundグローバル・マクロBalestra Capital Partners fund 株式ロングショートPassport 1 LP Global Strategy fundマネージド・フューチャーズQuantitative Global LLCマルチ・ストラテジーNarragansett Fund
同社のグローバルリサーチ部門主任のガブリエル・バースタイン氏によると、リッパーのアワードは「定量分析によるファンド・レイティング手法をベースとして、運用会社のリスクとリターンの実績を表彰するもの」だと述べている。

またリッパーによると、表彰されたヘッジファンドは、「lipperTASS」と呼ばれる同社からの「適格ファンド」の称号を受けたファンドの中で、もっともリターンが高いファンドだったとしている。称号を受けたファンドは1041本以上に達した。なお、今回のアワードの算出期間は、昨年12月31日までの12ヶ月間となっている。



米リッパー、北米対象のヘッジファンド・アワードを発表―戦略ごとに10本を選出に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする