トップ >  ヘッジファンドの償還停止で米著名投資家が告訴

ヘッジファンドの償還停止で米著名投資家が告訴

ビジネス・ウィークは10日付の記事の中で、最近のクレジット市場危機で運用成績が悪化しているヘッジファッドが、金融市場の混乱終息を期待して、数カ月にわたり、投資家からのファンド解約・資金償還を凍結する動きが広がってきた、と報じている。
3月中旬現在で、少なくとも24のヘッジファンドが、投資家からの資産償還請求を無期限で凍結、または、制限しており、その規模は数百億ドル(数兆円)となっている。

今月初め、著名な米投資家ジョゼフ・ウンバッハ氏は、コネチカット州の連邦地裁に対し、モーゲージ専門のヘッジファンド、キャリントン・インベストメント・パートナーズと同社の運用マネージャー、ブルース・ローズ氏を相手取って、資産償還凍結は違法とする訴訟を起こしている。

同ヘッジファンドは、主として、評価損の恐れがある、いわゆるレベル3の債券(hard-to-value securities)に投資しており、その参照資産プールの大半はサブプライムローンとなっている。

昨年9月、ローズ氏は主要な投資家に対し、最低1年間、資産償還を凍結する規約改正を提案したが、この改正で、昨年9月30日以前に償還請求が行われた場合でも資産償還請求を棄却する権限がローズ氏与えられている。ウンバッハ氏のケースがこれに該当する。

専門家は、投資家がヘッジファンドの償還請求凍結に対抗する手段はほとんどないと指摘する。ウンバッハ氏の訴訟が成功するかは、はっきりしないが、一つの方法として、オンライン取引のヘッジベイ・トレーディングを利用して、投資証券を売買する方法があるという。

キャリントンの投資家の一部は、すでに、投資証券の売却に乗り出しているが、首尾よく売却されたかどうかは確認できていない。



ヘッジファンドの償還停止で米著名投資家が告訴に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする