トップ >  米ヘルマン・ジョーダンの株式ファンド、相場悪化でも好調なリターン

米ヘルマン・ジョーダンの株式ファンド、相場悪化でも好調なリターン

ジェリー・ジョーダン氏が経営トップを務める、へルマン・ジョーダン・マネジメント(米ボストン)の「Jordan Opportunity Fund」の好調が伝えられている。
4月10日付けのブルームバーグによれば、年初来から今月8日までの運用成績は4.8%のプラス。金融株の早期売却とエネルギーセクターへの先見性ある投資により、大型グロースファンド509本のトップに立った。

ファンドの運用資産額は7,200万ドル、平均以上の増益を見せる企業40社の株式に投資を行い、過去3年でプラス19%と、他ファンドの3倍以上の伸び率となった。3年間のシャープレシオは1.04(同種のファンドは0.20)。また、モーニングスターの最高格付けである5つ星を獲得している。

4月7日時点で、同ファンドにおける主要な10銘柄の株式のうち7銘柄は、エネルギーと素材関連企業が占める。中心となるのは鉄鋼銘柄で、米国製鉄最大手のUSスチール(ポートフォリオの5.6%)、ニューコア(同4.2%)、世界最大のシームレス鋼管メーカーであるテナリス(同2%)となっている。USスチールとニューコアの株価は、年初来から今月9日までに17%のプラス、テナリスはプラス16%だった。

エネルギー関連エクスポージャーでは、世界最大のオフショア石油採掘企業であるトランスオーシャン(同5.4%)が今年3.5%のプラス、ウェザーフォード・インターナショナル(同4.4%)はプラス8.8%。一方、油田検層のシュルンベルジェ(同4.1%)は、原油需要減少の兆候を受けて8.7%下げた。

これに加え、サブプライムローン市場の崩壊は当初の推定以上に収益を蝕むだろうと確信し、昨年11月と12月に金融大手のメリル・リンチとゴールドマン・サックス・グループのポジションを手放していた。ジョーダン氏は「金融セクターの神話は崩壊したと考えて間違いはない。当面の間、手を出すことはないだろう」との見解を示した。



米ヘルマン・ジョーダンの株式ファンド、相場悪化でも好調なリターンに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする