トップ >  米リーマン、PEファンドに10億出資―ヘッジファンドの株式取得が狙い

米リーマン、PEファンドに10億出資―ヘッジファンドの株式取得が狙い

13日付英フィナンシャル・タイムズ紙によると、リーマン・ブラザーズは、プライベート・エクイティ型ファンドに対し、最大10億ドルの出資を計画している。リーマンはファンドを通じ、今後予想されるヘッジファンド買収の波に先んじて、ヘッジファンド運用会社の株式を取得するのが狙いとしている。
ヘッジファンド運用会社の多くは、自社株の一部を現金化する方法を模索している。近年、大手ヘッジファンド運用会社では、上場や銀行への株式売却が行われてきた。しかし、このところの信用収縮によって銀行はヘッジファンドに対する融資を渋っている。また一方で、上場による情報公開を受け入れられる運用会社はごくわずかに過ぎない。

ゴールドマン・サックスは昨年、ヘッジファンド運用会社を買収する目的で5億ドルのファンド、ピーターシルを設立していた。ピーターシルは、ウィントン・キャピタル(英ロンドン)、キャピュラ・インベストメント・マネジメント(同)、クラレン・ロード・アセット・マネジメント(米ニューヨーク)以上3社の少数株式を取得したことで知られている。

リーマンは、GLGパートナーズ(英ロンドン)、マーブル・バー(同)など大型ヘッジファンドの株式を保有していたが、現在は売却済み。新興国市場専門スピネーカー・キャピタル(同)、クオンツ・マルチ戦略ファンドのDEショー(米ニューヨーク、運用資産額350億ドル)の少数株式は保持している。リーマンの新ファンドでも穏健な投資戦略がとられるものと予想される。



米リーマン、PEファンドに10億出資―ヘッジファンドの株式取得が狙いに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする