トップ >  英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、成績悪化で手数料を引き下げ

英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、成績悪化で手数料を引き下げ

ヘッジファンド運用会社のロンドン・ディバーシファイド・ファンド・マネジメント(運用資産総額40億ドル)は、第1四半期の市場での損失を受けて、報酬を引き下げていたことが明らかになった。ブルームバーグが11日、2名の投資家からの情報を受けて報じた。
ロンドンに拠点を置くディバーシファイドは、ロバート・スタンディング、デビッド・ゴートンの両氏が、1995年にJPモルガン・チェースの傘下ファンドとして創業、2002年にスピンオフした。同社は、一部の投資家に対して、業界標準の2%を上回る3%の管理報酬を受け取っていたが、今週2%への「一時的減額」を1年間実施することを明らかにした。

ロンドン・ディバーシファイドが運用する債券アービトラージの「London Diversified Fund」(運用資産額34億ドル)は、年初来より4月4日までに11.5%のマイナス、「London Select Fund」(運用資産額6億ドル)は、約18%のマイナスとなっているという。

報酬引き下げについて、ある専門家はブルームバーグのインタビューに対し「パフォーマンスの苦しい時期に運用会社が報酬を減額するのは、解約を食い止めるための措置だろう。その反対に、何年間も運用に成功している運用会社であれば、現在の業界標準を上回る報酬を要求することも可能だ」とコメントしている。

今回、同社が投資家宛に送付した通知には、ファンドのポジションに関する詳細は記されていなかった。



英ヘッジファンドのロンドン・ディバーシファイド、成績悪化で手数料を引き下げに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする