トップ >  米財務省諮問の民間団体、ヘッジファンドに情報公開の改善を勧告

米財務省諮問の民間団体、ヘッジファンドに情報公開の改善を勧告

ヘンリー・ポールソン米財務長官の諮問機関である2つの作業部会が15日、金融システムのシステミックリスクを軽減するため、ヘッジファンドの情報開示とマネジメント・リスクの強化を柱とした指針をまとめた、とブルームバーグが同日付の記事で報じている。
2つの作業部会は、それぞれ、ヘッジファンド業界と投資家の代表で構成。ヘッジファンド部会はイートン・パーク・キャピタル・マネジメント、投資家部会は米国最大の年金基金カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)が主導的な役割を果たしている。

財務省が公表した2つの作業部会の報告書によると、両部会は新しい情報開示基準に従う必要性で一致。ヘッジファンド部会は、資産評価とリスクマネジメント手法に関する情報開示の強化、トレーディング・ビジネス方針やガバナンスの全面的な見直しを提言している。

また、両部会は、ヘッジファンドは市場流動性が低く公正価値の評価が難しい、いわゆるレベル3資産(hard-to-value assets)の情報を開示し、投資家も公開企業と同様、包括的な情報開示を行うべきだと提言している。

金融市場の混乱で、金融機関は昨年初め以降、これまでに2450億ドル(約25兆円)ものクレジット損失・評価損を計上してきており、金融当局も金融市場に対する規制強化の必要性を認めている。



米財務省諮問の民間団体、ヘッジファンドに情報公開の改善を勧告に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする