トップ >  マレーシアの政府系ファンド、イスラム法準拠のヘッジファンドに3億ドルを投資

マレーシアの政府系ファンド、イスラム法準拠のヘッジファンドに3億ドルを投資

マレーシアの政府系ファンド、アマナ・ラヤは、イスラム法準拠のヘッジファンドに3億ドル(約300億円)を投資することを検討している、とZawyaダウ・ジョーンズが15日付の記事で報じている。
アマナのモハメド・アザハリ・カミール専務は、ドバイで、Zawyaダウ・ジョーンズに対し、「イスラム法準拠のヘッジファンドの共同組成を進めているファイサル・イスラミック銀行やABNアムロ、RBOSと協議している」とした上で、「成功すれば、投資額は最大で10億ドル(約1兆円)に拡大する可能性がある」と語った。

また、アマナは、今月末までに、アジア・ファイナンス銀行と共同で、3億ドルの海洋ファンドをローンチする予定。同ファンドは、原油タンカーなどの船舶リースセクターに投資する。

このほか、アマナはカタールのバルワ・リアルエステートから中東地域をカバーする4億ドル(約400億円)規模の不動産信託のローンチで、主幹事に指名されている。同ファンドはシンガポールとクアラルンプールの証券取引所に上場される予定。

アマナはディストレスト資産投資にも取り組んでいる。ドイツのクラウン・ウェストファーレン銀行が年内に2億ドル(約200億円)規模のファンドを組成する計画で、アマナも同ファンドに出資する可能性がるという。



マレーシアの政府系ファンド、イスラム法準拠のヘッジファンドに3億ドルを投資に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする