トップ >  米運用会社SPM、住宅ローン繰上げ返済専門ヘッジファンドをローンチ

米運用会社SPM、住宅ローン繰上げ返済専門ヘッジファンドをローンチ

クレジット危機を利用してハイリターンを追及する米ヘッジファンドのストラクチャード・ポートフォリオ・マネジメント(SPM)が3月から、住宅ローンの繰上げ返済が困難となっている状況に着目した新しいファンドをローンチした、とロイター通信が15日付で報じている。
SPMの創業者でCEO(最高経営責任者)のドン・ブラウンシュタイン氏は、住宅価格の低下や借り換えローンが困難になっているため、既存の住宅ローンの繰上げ返済が困難になっている状況を利用して、ハイリターンを目指すとしている。

SPMは、主にMBS(不動産担保証券)に投資、その運用資産額は12億ドル(約1200億円)に達している。ブラウンシュタイン氏は、繰上げ返済が困難となっている環境下では、特に「IOローン関連証券」(当初の2-5年間は元本を返済せず利息だけを支払う住宅ローン)が狙い目だとしており、今回のファンドの投資対象としているという。

一般的に、IOローンは元本据え置き期間終了後、通常の住宅ローンよりも速いペースで返済するか、一括返済となるため、サブプライムローンよりも信用リスクが高いといわれている。

SPMは、昨年2月にサブプライムローンのショート戦略型ファンドをローンチ、186%のリターンを投資家に還元している。また昨年5月には、米国の金利変動を利用したファンドをローンチ、9月には、MBSなどのクレジット市場の悪化を利用したディレクショナル(市場の上げか下げを予想して一方向へ賭ける投資手法)型のファンドをローンチしている。



米運用会社SPM、住宅ローン繰上げ返済専門ヘッジファンドをローンチに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする