トップ >  世界のヘッジファンド運用額、27%増の2.65兆ドル―日本のファンドは流出超

世界のヘッジファンド運用額、27%増の2.65兆ドル―日本のファンドは流出超

ファンド業界誌「アブソリュート・リターン」の出版元ヘッジファンド・インテリジェンスによると、2008年の年初時点でのヘッジファンド運用資産額は、世界全体で2.65兆ドルに達し、前年比27%のプラスになったと金融各紙が報じている。
ヘッジファンドの平均リターンは8%で、資産増加の3分の2以上が投資家からの新規受託だった。この流入資金の大部分は機関投資家からのもので、殆どはファンド・オブ・ファンズ(FoF)を経由したもの。

昨年下半期のヘッジファンド業界の成長率は6.6%へと減速したが、これに対し同社のニール・ウィルソン論説員は「(以前に比べてペースは落ちたものの)ヘッジファンドは昨年下半期に世界全体で成長を続けており、業界全体が世界的な信用収縮の第1局面を非常に上手く切り抜けたと認識している」と述べた。

10億ドル以上の運用資産額を有するヘッジファンドは、全世界で391本、業界全体資産総額の約80%を占める。こうしたファンドのうち255本が米国を拠点とし、なかでもニューヨークはプラス17%の144本が拠点としている。ニューヨークのファンドは年末時点で、前年比50%増の9,730億ドルの資産を保有。欧州ヘッジファンドの資産総額は、25%増の約5,750億ドル。ロンドンにはヘッジファンド資産の約60%が集まっている。

アジア太平洋地域のファンドの資産は、2008年年初に前年比プラス30%の1,960億ドル。中国とインドで大きな成長が見られた一方、日本のファンドは大幅な流出超に見舞われた。東京がヘッジファンドの中心地としての地位を手放しつつある一方で、現在香港やシンガポールには10億ドル以上の運用資産額を誇る運用会社が計19社存在する。



世界のヘッジファンド運用額、27%増の2.65兆ドル―日本のファンドは流出超に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする