トップ >  金属取引専門ヘッジファンドのレッドカイト、香港と豪州で新ファンド設立を計画

金属取引専門ヘッジファンドのレッドカイト、香港と豪州で新ファンド設立を計画

金属取引専門のヘッジファンド運用会社、レッドカイト・キャピタル・マネジメント(運用資産額10億ドル)は17日、香港と豪州で新ファンドをローンチする計画があると、同日付のブルールバーグが報じている。
レッドカイトは同日付のEメールで、同社の中国向けファンド「Hong Feng Zheng fund」を香港でローンチすると発表した。同ファンドはデリバティブや株式に投資、また運用はHFZキャピタル・マネジメントが担当し、中国の投資会社(Maike Investment Holding)も協力する予定。豪州でローンチする「Red Kite Explorer fund」は、鉄鋼会社に財務面や仕入れ取引などに関してアドバイスする予定である。

「コモディティ価格の変動はかなり激しいが、レッドカイトのように、金属などコモディティを専門とするヘッジファンドなら、大きなリターンをあげることも可能だろう」とヘッジファンド専門の投資顧問会社、DTBキャピタルのデビッド・クレイン社長は分析している。

レッドカイトは2005年、マイケル・ファーマー、デビッド・リリー、オスカー・ルノウスキー3世の3氏が設立。ロンドンとニューヨークを拠点に、工業用金属や貴金属取引に投資するファンドを3本運用している。主要ファンドの「Red Kite Metals」は2005年のローンチ以降、昨年末までに145%のリターンをあげている。

しかし、同社は昨年、投資していたアルミなどの価格が暴落し、巨額の損失を計上。解約を延長したこともあり、経営不安説まで流れた。

欧州の金融機関でヘッジファンド調査を行うある専門家は、ブルームバーグの取材に対し、「金属の価格が今後ずっと上昇し続けるわけではないだろう。レッドカイトが他のコモディティに投資を分散することが賢明な策といえる」とコメントしている。



金属取引専門ヘッジファンドのレッドカイト、香港と豪州で新ファンド設立を計画に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする