トップ >  英クライブ・キャピタルの商品ヘッジファンド、第1四半期は17.6%上昇

英クライブ・キャピタルの商品ヘッジファンド、第1四半期は17.6%上昇

商品ヘッジファンド運用会社の英クライブ・キャピタル(運用資産額13億ドル)は、エネルギーや金属価格の高騰を受け、第1四半期を17.6%のプラスで終えたと、ブルームバーグが18日付の記事で報じている。
報道によると、クライブ・キャピタルは4月についても、11日までの段階で報酬控除前リターンが3.5%と好調なパフォーマンスをあげているという。

ヘッジファンド・リサーチのHFRXグローバル・ヘッジファンド指数によると、第1四半期のヘッジファンド業界の平均リターンは2%近いマイナス。一方、コモディティ指数は大きく上昇しており、中でも最も優れた成績を出しているのがアストマックス・コモディティ・インデックスで14.3%のプラスとなっている。クライブ・キャピタルは、そのリターンをさらに上回るパフォーマンスとなっている。

クライブの創業者であるクリス・レベット氏(38)は、ムーア・キャピタル(米ニューヨーク)にて昨年7月までに年初来11%のリターンを出した後、同社を離れクライブ・キャピタルを設立した。クライブの投資家募集資料によれば、同氏は商品投資ファンドで2004年に39%、2005年47%、2006年31%のリターンを出すなど、この分野で目覚しい運用成績を残しているという。



英クライブ・キャピタルの商品ヘッジファンド、第1四半期は17.6%上昇に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする