トップ >  米新聞2紙の第1四半期は減益―アクティビスト・ファンドからの要求強まる

米新聞2紙の第1四半期は減益―アクティビスト・ファンドからの要求強まる

米新聞大手2社のニューヨーク・タイムズとメディア・ジェネラルが第1四半期の決算で損失を計上。両社の経営陣は、ヘッジファンドのハービンガー・キャピタル・パートナーズから、取締役派遣の受け入れを迫られていたが、今回の決算が予想を下回ったことから、ハービンガーの要求は一段と強まる恐れがある。
広告主や読者の質的変化に伴い、新聞業界を取り巻く環境はこの数年間悪化している。更に、サブプライム問題に端を発した住宅市場の冷え込みの影響から、広告収入の大部分を占める住宅広告からの収益が落ち込み、今回の減収減益につながった。ニューヨーク・タイムズの当期純利益はマイナス33.5万ドルと、前年同期の2,390万ドルから大幅な悪化。収益は4.9%減の7億4,790万ドルとなり、トムソン・フィナンシャルの集計したアナリスト予想平均の7億5,240万ドルを下回った。営業利益ベースの一株当たり利益(EPS)は4セントだった。同社はハービンガー側が提案した取締役候補を支持することで同意している。一方、ハービンガーと争う意思を示しているメディア・ジェネラルは、当期純利益がマイナス2,030万ドルと前年同期の650万ドルから拡大。収益は11%減の1億9,450万ドルだった。メディア・ジェネラルの新聞広告収入は19.1%のマイナスと、ニューヨーク・タイムズのマイナス9.2%よりも厳しい結果となった。



米新聞2紙の第1四半期は減益―アクティビスト・ファンドからの要求強まるに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする