トップ >  巨額の利益をあげたロンドンのヘッジファンド・マネージャーたち

巨額の利益をあげたロンドンのヘッジファンド・マネージャーたち

英紙タイムズは17日付の紙面で、昨年、ロンドン金融街で、一握りのヘッジファンドのトップマネージャーが、米国のサブプライム危機を利用して、20億ドル(約2100億円)以上の所得(成功・管理報酬の自己取り分と自己勘定の資産運用益)を稼ぎ出した、と報じている。
ヘッジファンド業界誌「アルファ」の記事「2007年世界ヘッジファンド・マネージャー50傑」によると、昨年の英国でのトップは、ノーム・ゴッテスマンとピエール・ラグランジュの両氏で、2人はGLGパートナーズの共同創業者だが、それぞれ、3億5000万ドル(約360億円)が支払われている。3位は、GLGの新興国市場担当のファンドマネージャー、グレッグ・コフィー氏の3億ドル(約310億円)。ただ、GLGは同氏の独立話で、株価が10%も下落している。同氏は昨年、同社の運用手数料の60%を稼ぎ出した敏腕マネージャーだけに、その人材流出は大きな話題となっている。4位は、ブレバン・ハワード・アセットマネジメントのアラン・ハワード氏で、2億4500万ドル(約255億円)。5位はウィントン・キャピタル・マネジメントのデービッド・ハーディング氏の2億2500万ドル(約235億円)。次いで、ブルークレスト・キャピタル・マネジメントのマイケル・プラット氏とスローン・ロビンソン・インベスト・マネジメントのジョージ・ロビンソン氏とヒュー・スローン氏がそれぞれ2億2200万ドル(約230億円)で続いている。英国以外では、ニューヨーク在住のデービッド・スレーガー氏が4億5000万ドル(約470億円)を稼いだ。同氏は英バークレイズによる蘭大手銀行ABNアムロの買収を阻止するため、バークレイズの株式を10億ドル(約1000億円)取得したアティカス・キャピタルの欧州ファンドの運用マネージャーで有名。世界50傑では13位だった。世界No.1は、ポールソン・アンド・カンパニーを率いるジョン・ポールソン氏で、実に37億ドル(約3800億円)を稼いだ。昨年、サブプライム関連証券のショート戦略で富を築いた。世界2位は、著名投資家ジョージ・ソロス氏の29億ドル(約3000億円)だった。



巨額の利益をあげたロンドンのヘッジファンド・マネージャーたちに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする