トップ >  サブプライム勝者のトレーダー、ゴールドマンを去りヘッジファンド設立へ

サブプライム勝者のトレーダー、ゴールドマンを去りヘッジファンド設立へ

ゴールドマン・サックス・グループの元トレーダー、ジョシュ・バーンバウム氏が運用資産10億ドル規模のヘッジファンドを組成する計画を立てていることをブルームバーグが17日に報じた。同氏は昨年、サブプライムローン関連証券の下落で利益があげる投資へとゴールドマンを導き、過去最高の116億ドルの利益を出していた。
バーンバウム氏はカリフォルニア州オークランド生まれ。フィラデルフィアにあるペンシルバニア大学ウォートン校の学部課程を卒業後、1993年にゴールドマンに入社。あるポートフォリオ・マネジャーは「トレンドを把握する能力が実証されているため、現時点では殆ど何の苦労も無く資金調達出来るであろう」と同氏を評価した。関係者の話では、バーンバウム氏の新ファンドは住宅ローン関連資産に投資をする予定だと同僚に話しているという。しかし、同氏が狙うのは割安になった破綻(ディストレスト)証券なのか、あるいは次にサブプライムのような下落をする投資先なのかは不明だ。一方ゴールドマン側は、クレジット市場の低迷によって第1四半期収益は15.1億ドルとなり、1999年以来最大である53%の下げ幅を記録した。同社は第1四半期にモーゲージやその関連債券で約10億ドルの評価損を計上。低リスクの住宅ローンや、高利回り社債での10億ドルの損失が大きく影響した。



サブプライム勝者のトレーダー、ゴールドマンを去りヘッジファンド設立へに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする