トップ >  イラク投資のヘッジファンド、3月は6%のマイナス―MENA地域の景気も低迷

イラク投資のヘッジファンド、3月は6%のマイナス―MENA地域の景気も低迷

英資産運用会社ゴッドビグ・キャピタルが運用するイラク投資のヘッジファンドが、3月に6%の損失を計上したと、ファンド情報会社ヘッジファンド・ネットが報じている。
ゴッドビグは投資家宛ての書簡で、3月のリターンは月次リターンでは過去最低となったが、設定来リターンはプラス18.2%を維持していると報告した。

同ファンドのマネージャーは書簡の中で、3月の損失が拡大した原因として、イラク南部バスラで発生した武装集団との戦闘を指摘している。イラクのマリキ首相は、徹底交戦の構えで武装集団の一掃を主張したが、戦闘行為の停止には至らず、非常状態が現在も続いている。

さらに、アメリカの景気減速と世界的な株安の流れを受けており、中東・北アフリカ(MENA)地域の投資に対するパフォーマンスも低下傾向にあると指摘している。



イラク投資のヘッジファンド、3月は6%のマイナス―MENA地域の景気も低迷に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする