トップ >  英ヘッジファンドのブルーベイ、リターン好調もマーケットの先行きを懸念

英ヘッジファンドのブルーベイ、リターン好調もマーケットの先行きを懸念

最近のクレジット市場危機で、英ヘッジファンド、ブルーベイ・アセット・マネジメントの資産運用の成績報酬が依然抑制されている、と英紙フィナンシャル・タイムズが22日付の紙面で報じている。
同社は21日に第1四半期(1-3月)の運用契約資産の状況を発表。それによると、同期中に運用資産額は23億ドル(14%)増の187億ドルとなった。内訳は、新規資産の純増分が19億ドル、ポートフォリオの評価益が4億ドルだった。今回の結果は、アナリストの事前予想を上回るもので、カザノフ証券は、増加額は180億ドルと予想していた。カザノフはブルーベイの今年上期(1-6月)における純増目標25億ドルの達成が可能なペースで進むと見込んでいる。しかし、ブルーベイのヒュー・ウィリスCEO(最高経営責任者)は、運用資産の大幅増加は歓迎としながらも、「クレジット市場は困難な状況が続いており、短期的に見て、当社の成績報酬は以前、抑制されている」と懸念を示している。今年2月に発表された同社の昨年下期(7-12月)の成功報酬は、クレジット市場危機で1870万ポンド(前年同期は3000万ポンド)に急減。第1四半期(1-3月)も1330万ポンドと低調であった。アナリストは、ヘッジファンドの運用については、クレジット市場の先行き不透明によるリスクを最も受けやすくなるだろうと見ている。ブルーベイの運用全体(ヘッジファンドと債券投資)の成績報酬の90%はヘッジファンドから発生している。



英ヘッジファンドのブルーベイ、リターン好調もマーケットの先行きを懸念に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする