トップ >  TCI、日本への投資回避を警告

TCI、日本への投資回避を警告

英紙フィナンシャル・タイムズがザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)のマネージング・パートナー、クリス・ホーン氏にインタビューを行った。19日の記事で「コーポレート・ガバナンスが改善されるまで、外国人投資家は日本への投資を避けるべきだ」という同氏の警告を伝えている。
TCIは100億ドル超を運用するファンド。同ファンドは電力卸売最大手Jパワー株の買い増し計画を明らかにしていたが、日本政府は先日、国家の安全の観点から株式買い増しに中止勧告を出した。「我々がこれ以上日本に投資することはないだろうし、全ての投資家に日本への投資を回避するよう勧告する」と同氏は語気を強め、アクティビストによる経営改善要求が認められるまで、日本の将来は暗いとの見方を示した。日本国内の投資家に対しては、6月に開かれるJパワーの年次総会でTCIの株主提案を支持するよう求めた。TCIは、Jパワーが株式持合いと非生産的な投資によって資本を浪費したと考えているが、「Jパワーはキャッシュの怪物だ。金利1%の国において、キャッシュフロー純利益率は20%に達している。現在の3倍で株価の取引されるべきだ」と、現在の株価は割安であるとの見方を示している。



TCI、日本への投資回避を警告に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする