トップ >  バーレーンの投資会社、ジョン・ポールソン氏と新ヘッジファンド設立を準備

バーレーンの投資会社、ジョン・ポールソン氏と新ヘッジファンド設立を準備

バーレーンのオルタナティブ投資会社インベストコープは、著名ファンドマネージャーのジョン・ポールソン氏(52)と共同で、新しいヘッジファンドを創設する。同ファンドは、クレジット市場の回復に的を絞ってリターンを追及する。英紙テレグラフが23日付で報じた。
ポールソン氏は、ポールソン・アンド・カンパニーの創業者でもあるが、業界誌「アルファ」の昨年のヘッジファンド・マネージャーの運用成績ランキングで1位に選ばれている。その同氏は、サブプライム関連証券の破綻に賭けて、約37億ドル(約3800億円)の手数料所得を稼ぎ出している。

新ヘッジファンドの名称は「クレジット・オポチュニティーズ・ファンド」(COF)。インベストコープはCOFを通じて、住宅ローンやクレジット資産を対象とした戦略的投資を行う予定。

インベストコープのファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)の運用資産規模は80億ドル(約8300億円)だが、うち20億ドル(約2100億円)はこの1年-1年半で、サブプライム関連証券分野への投資で運用規模を拡大している。新ファンドでは、より信用度が高い住宅ローン関連証券分野への投資を予定している。



バーレーンの投資会社、ジョン・ポールソン氏と新ヘッジファンド設立を準備に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする