トップ >  アジアの優良ファンドを表彰するヘッジ・アワード、5月にシンガポールで発表

アジアの優良ファンドを表彰するヘッジ・アワード、5月にシンガポールで発表

ヘッジファンド調査会社のユーリカヘッジは、5月に開催される業界関係者向けカンファレンス「ヘッジファンド・ワールド」で、2008年のアジアの優良ファンドを表彰する「アジアン・マスター・オブ・ヘッジ・アワード」を発表する。
同アワードは、ユーリカヘッジが保有するヘッジファンドのデータベースを元に、パフォーマンスと質の両面から検討され、独立性を確保した関係者5人の審査を経て決定される。

アワードは、5月28-30日にシンガポールで開催される「ヘッジファンド・ワールド・アジアン・マネージャー・ショーケース2008」にて発表される。同イベントでは、アジア地域のヘッジファンド業界関係者によるパネルディスカッションや人脈作りのための各種プログラムなどが行われる。イベントの日本語サイトでは、詳細なプログラムが掲載されている。

なお、ユーリカヘッジのWebサイトでは、アワードの各部門にノミネートされたファンドを確認することができる。例えば地域別部門の「Best Asia Hedge Fund」にノミネートされたファンドは次の通り。
・777 Fund・AlphaGen Tenro Fund・Artradis AB2 Fund・Dragonback Asia Pacific Equity Multi-Strategy Fund・Eastern Advisors Fund・Helios Strategic・SMC China Opportunity Fund・SR Global Fund Asia・UG Hidden Dragon Balance Fundこの他、日本、中国、インド、豪州などを投資対象とした地域別部門や、アービトラージ戦略、ディストレスト投資戦略といった戦略別部門でノミネートされたファンドが一覧できる。



アジアの優良ファンドを表彰するヘッジ・アワード、5月にシンガポールで発表に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする