トップ >  ヘッジファンド新規資金流入に期待

ヘッジファンド新規資金流入に期待

米コンサルティング会社ロススタイン・カスは15日付の調査リポートの中で、ヘッジファンドの9割以上が、今年の米国経済の悪化予想にもかかわらず、投資家からの新規資金流入が大幅に増大、新ファンドも続々と誕生、淘汰されるファンド件数も少ないとしている。
同リポート「Onward and Upward」は、4月時点で、米国に本拠があるヘッジファンドの306人のシニアマネージャーに対し、直接、電話で聞き取り調査を行ったもの。それによると、(1)全体の90%以上がヘッジファンドへの新規資金流入額が相当増大と予想(2)約90%がヘッジファンドの成功には、ブランドイメージがますます重要と指摘(3)約75%は優秀な人材を確保することがますます困難になると予想。さらに、(4)75%弱が今年の新ファンドの組成件数が昨年を上回ると予想(5)プライベート・エクイティ(未公開株)分野に進出するヘッジファンドが増えるかについては見方が分かれた(6)25%強が今年のファンド清算件数は昨年を上回ると予想(7)わずか1%が今年の手数料収入は減少と予想している。同事務所では、ヘッジファンド業界は短期的には強気予想だが、優秀な人材確保など課題も多いとしている。また、ヘッジファンドの66%以上が、さまざまな投資戦略型のファンドが市場で飽和状態となるため、競争激化により運用コストが増大すると見ている。



ヘッジファンド新規資金流入に期待に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする