トップ >  米ヘッジファンドのシタデル、CEOが上場の可能性を示唆

米ヘッジファンドのシタデル、CEOが上場の可能性を示唆

米ヘッジファンドのシタデル・インベストメント・グループが年内の上場を検討していると、米経済専門誌ビジネスウィークが報じている。
シタデルは、2007年の年初来リターンが30%プラスと好調だったうえ、Eトレード・フィナンシャルが抱えていた売却困難な債券ポートフォリオ30億ドル分を買い取るなど、業界からの注目を集めていた。
シタデルは、1990年にハーバード大在学中のケネス・グリフィン氏が運用資産100万ドルで創業したヘッジファンド。現在の運用資産残高は200億ドルで、ビジネスウィーク誌によると、世界全体の株式出来高の3%を占めるまでになっているという。

シタデルのIPOに関しては、2006年ごろから噂があったが、同誌の取材に対してケネス・グリフィン氏が初めてIPOを検討していることを明言した。IPOの時期については明らかにしていないが、シタデルを知る業界関係者は、今年中に上場する可能性が高いと見ている。

シタデルは、人と違う道を行く投資家の典型として知られている。2006年に天然ガス取引でアマランス・アドバイザーズが破綻した際、同社の資産の買い取り救済を図った。昨年は詐欺容疑で米SECに起訴されたセンチネル・マネジメントの資産を買い取った。また、夏の信用危機の際に運営困難に陥ったソーウッド・キャピタルにも最も早く負債の買い取りに向かうなど、業界ではたびたび注目を集めていた。



米ヘッジファンドのシタデル、CEOが上場の可能性を示唆に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする