トップ >  メリウェザー氏のヘッジファンド、投資家に早期解約促す

メリウェザー氏のヘッジファンド、投資家に早期解約促す

元LTCM創業者のジョン・メリウェザー氏が運営するヘッジファンド運用会社、JMWパートナーズの「JMW Global Macro fund」が窮地に追い込まれている。JMWは同ファンドの投資家に対し、早期解約を行うよう促している。今週に入ってから複数の欧米金融メディアが報じた。
メリウェザー氏は1990年代後半、ロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)において華々しい成功と劇的な破綻を遂げ、世間にその名を知らしめた。通常、ヘッジファンドは資金解約に制限を課しているうえ、運用が難航した際には解約を凍結するなどの措置をとることが多いことから、今回のように早期解約が認められるのは異例だ。問題のファンドの運用資産額は3億ドルから4億ドルと推定されているが、今年第1四半期の運用成績はマイナス14%と低迷していた。どの程度の投資家が早期返還を求めるのかは不明。一部報道では、JWMが人員削減と経営規模の縮小にも着手したことが伝えられている。



メリウェザー氏のヘッジファンド、投資家に早期解約促すに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする