トップ >  米運用会社大手ブラックストーン、インドの不動産開発会社に出資

米運用会社大手ブラックストーン、インドの不動産開発会社に出資

米金融大手ブラックストーン・グループ傘下のブラックストーン・リアル・エステートは4月28日、インドの不動産開発会社シナジー・プロパティへ、約1,800万ドルの出資を行い少数株主となったことを発表した。これにより、ブラックストーン・リアル・エステートはシナジーの取締役会への参加権を取得する。
2003年創業のシナジーはインド最大手の不動産開発会社。500名を超える従業員を抱え、インドに9つの事業所を展開しているほか、ドバイとクアラルンプールにもオフィスを構えている。これまでに2,000万平方フィートの不動産を販売したほか、現在は1億平方フィート相当の様々な形態の物件を管理している。ブラックストーン・リアル・エステートは、さまざまな不動産分野での経験を有するファンド。ブラックストーンの不動産事業をアジアへと拡大するため、これまでに東京、香港、ムンバイにオフィスを開設していた。



米運用会社大手ブラックストーン、インドの不動産開発会社に出資に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする