トップ >  米ヘッジファンドのオクジフ、第1四半期は2.7億ドルの損失

米ヘッジファンドのオクジフ、第1四半期は2.7億ドルの損失

ヘッジファンド運用会社オクジフが今年の第1四半期決算を発表した。同社は昨年11月にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しており、今回の決算発表には注目が集まった。2008年3月31日時点での運用資産額は332.61億ドルとなり、前年同期比では30%増加したが、第1四半期当初の333.87億ドルから僅かに減少した。
旗艦ファンドの「OZ Master Fund」(運用資産額199億ドル)が0.8%のマイナスだったのをはじめとして、オクジフは全てのファンドでマイナスリターンを計上した。オクジフはこれ以外に「OZ Global Special Investments Master Fund」「Europe Master Fund」「Asia Master Fund」と計4本のファンドを運用している。2006年と2007年は全てのファンドが2桁のプラスリターンを叩き出していた。IPO関連の償却費用が大きく響き、最終損失は2.68億ドルとなった。配当可能利益は5,000万ドルで、クラスA株の1株当たり利益(EPS)は0.13ドル。クラスA株の配当金は1株当り0.08ドルとなった。一方、管理報酬は前年の2万3,450ドルから大幅に増加し、14万6,275ドルとなった。厳しい市場環境の影響から第1四半期はファンドの運用が難航したが、運用資産額は毎年着実に増加している。Dow Jones
Och-Ziff Posts 1Q Loss of $268.1M On Nov IPO Costs



米ヘッジファンドのオクジフ、第1四半期は2.7億ドルの損失に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする