トップ >  銀行の貸出債権・流動化市場で需要回復、買いに転じるヘッジファンド

銀行の貸出債権・流動化市場で需要回復、買いに転じるヘッジファンド

フィナンシャル・ニュースは12日付の記事の中で、ヘッジファンドなどの投資家が不良債権化した銀行のレバレッジド・ローンやABSの取得に動き出している、と報じている。
銀行が保有するレバレッジド・ローン(融資先企業のキャッシュフローを担保とした貸し出し)やABS(資産担保証券)に対する需要回復によって、銀行のバランスシートが改善、銀行は新たな企業買収やレバレッジド・バイアウト(LBO)に対する資金供給を再開することが可能になるとの見られている。

貸出債権の流動化市場に関わるトレーダーによると、レバレッジド・ローンの買取価格は、1ドル当たり90セントと、この6週間で10セント持ち直してきているという。また、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)価格の動向を示す「Markit iTraxx LevX指数」や「S&P欧州レバレッジド・ローン指数」も上昇してきている。

同時に、GAMやパーマル、テームズリバー・キャピタル・マネジメント、UBPなどのファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)が、銀行の貸出債権を積極的に買い付けるディストレスト資産投資のヘッジファンドへの投資を強めているという。

スイスのUBPの運用マネージャーは、今後3-6週間で、ディストレスト資産投資のヘッジファンドへの資産運用比率を、現在の約10%から最大20%にまで拡大する方向で動き始めたという。同じくスイスのGAMも、ディストレスト投資のヘッジファンドへの投資を開始、テームズリバーも3月に投資を開始し、今月末にさらに追加投資を行う予定だという。

Dow Jones
Financial News: Hedge Funds Start To Buy Bank Debt



銀行の貸出債権・流動化市場で需要回復、買いに転じるヘッジファンドに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする