トップ >  米銀大手NYメロン、ファンド・オブ・ヘッジファンズの管理会社を買収

米銀大手NYメロン、ファンド・オブ・ヘッジファンズの管理会社を買収

資産運用大手の米BNYメロンは12日、ファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)の事務管理サービス会社LAMPテクノロジーズを買収したことを明らかにした。
1997年創業のLAMPテクノロジーズは、FoHFなどのオルタナティブ投資を専門とし、資産運用ビジネスにおけるバックオフィスサービスを提供している。契約条件の詳細は非公開となっている。BNYメロンの幹部は「今回の買収によって当行は、最先端のテクノロジー、カスタマイズされたサービスソリューション、一段と多様なレポートを顧客に提供することが可能になる」と述べるなど、BNYメロンのFoHFバックオフィスサービス事業を増強する狙いだ。また、LAMPテクノロジーズ前最高経営責任者(CEO)のアブガザレー氏は今回の買収によってBNYメロンに参加することになったが「顧客が要める水準の透明性を確保する最先端ウェブ型レポートツールを含めた統合型システムにより、FoHFのマネジャーは広範なサービスの利用が可能になる。これはマネジャーにとって大きなメリットだ」と今回の買収によるメリットを強調した。



米銀大手NYメロン、ファンド・オブ・ヘッジファンズの管理会社を買収に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする