トップ >  ヘッジファンドのコンプライアンスとリスク管理に関するガイド本の決定版

ヘッジファンドのコンプライアンスとリスク管理に関するガイド本の決定版

ヘッジファンドが今日の金融市場で存在感を増す中、ヘッジファンドという形態および業界におけるコンプライアンスとリスク管理の重要性が、真剣に問われるようになってきている。
リスク管理のスペシャリストであるアルメル・キゾー氏は、著書「ヘッジファンド・コンプライアンス/リスクマネジメント・ガイド」の中で、ヘッジファンドが世界の様々な金融市場においてどのようにコンプライアンスを実践し、またどのようにリスク管理を行なっているかを中心に、ヘッジファンドの運営全般に関して幅広く質の高い検証を行なっている。本書において著者は、コンプライアンスやリスク管理の他、ヘッジファンドの価値評価法や資産の格付け方法、そして純資産価値の検証および管理方法を徹底的に分析。また、ヘッジファンドが採用している多種多様な戦略、理論、モデル、統計、ベンチマーク、リスク管理についても完全に網羅している。不正行為に関してもケーススタディ形式で取り上げ、実践的に紹介している。ニューヨーク州立大学准教授で、「ヘッジファンド―戦略、リスク評価、そしてリターン」など数々の著作があるグレッグ・グレゴリウス氏は「本書はヘッジファンドのコンプライアンスとリスク管理についてすべて網羅しており、ヘッジファンド分野における決定版ともいえる一冊だ。すべてのヘッジファンドマネージャー、弁護士、会計士、そして投資銀行のコンプライアンス部門の人たちにとって、待ちに待った待望の本だといえよう」と本書を薦めている。



ヘッジファンドのコンプライアンスとリスク管理に関するガイド本の決定版に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする