トップ >  買収を逃れた米ヤフー、今度はアクティビストの圧力に直面か

買収を逃れた米ヤフー、今度はアクティビストの圧力に直面か

マイクロソフトが買収提案を撤回したばかりの米ヤフーだが、今度はアクティビスト・ファンドの委任状争奪に直面している、と米ダウ・ジョーンズは報じている。
ヤフー最有力株主の1つキャピタル・リサーチ・グローバル・インベスターズは先週、マイクロソフトの買収提案を拒絶したヤフー経営陣に対し、公然と不快感を表明した。これが新たな戦いの呼び水となる可能性が指摘されている。13日の報道によって、今回の買収劇に参加するのではないかとの憶測が流れていた著名なアクティビスト、カール・アイカーン氏が、ヤフー株式を5,000万株(発行済み株式約3.6%相当)を買い増していたことが明らかになった。しかし、アクティビストの戦略が成功するか否かは、現在もマイクロソフトがヤフーに対して関心を持っているかどうかにかかっている。マイクロソフト幹部の1人は、ヤフーが1株あたり33ドルでの売却を認めるなら「再考するだろう」と述べているが、別の幹部はマイクロソフトが独自のインターネット事業の展開を検討していると断言した。また、ヤフーの時価総額が350億ドルを超えているため株式取得のコストが膨大になることに加え、低迷する現在の市場においてはアクティビストの投資機会が他にも数多く存在すると指摘する専門家もおり、事態はなお流動的である。Dow Jones
Activist Hedge Fund Braces For Rematch With Seligman



買収を逃れた米ヤフー、今度はアクティビストの圧力に直面かに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする