トップ >  英ヘッジファンドのアブソリュート、傘下クレジットファンドのスピンオフを計画

英ヘッジファンドのアブソリュート、傘下クレジットファンドのスピンオフを計画

経営問題で揺れる英ヘッジファンド運用会社、アブソリュート・キャピタル・マネジメントは14日、昨年1月に505億ポンドで買収したクレジットファンドのアルゴ・グループを別会社にする方針を明らかにした。ダウ・ジョーンズが同日付で報じた。
同社の会社分割案によると、株主は、アブソリュート1株に対し、アルゴ1株を取得する。当面アルゴは非公開企業のままだが、半年以内に、ロンドン証券取引所のオルタナティブ・インベストメント市場に上場するとしている。アブソリュートの経営問題は昨年9月の共同創業者のフローリアン・オムCIO(最高投資責任者)の突然の辞任に遡る。同社の戦略的な支柱だった同氏の辞任の影響は大きかったが、それに加えて、同氏が、同社の運用資産全体の25%を流動性の極めて低い安値株に投資していたことが発覚したことも打撃となった。ヘッジファンド関連ニュースを配信しているFINオルタナティブズの14日付の記事によると、その後、同社は、投資家への資金償還を一時中止し、同資産を不動産や未公開株など流動性が低い資産への投資に使われるサイドポケット口座に移している。同社の首脳は、こうした同社の経営上の問題がアルゴに悪影響が及ぶことを恐れ、別会社として切り離すことを計画したものだ。今回の決定を受けて、アブソリュートの株価はロンドン市場で、前日比18%上昇している。Dow Jones
Absolute Capital Up 18% On Argo Spin-Off Plan



英ヘッジファンドのアブソリュート、傘下クレジットファンドのスピンオフを計画に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする