トップ >  2.5兆ドルを運用する英国の年金基金業界を狙うヘッジファンド

2.5兆ドルを運用する英国の年金基金業界を狙うヘッジファンド

ウォールストリート・ジャーナルは15日付の紙面で、英国の投資銀行(証券会社)やヘッジファンド運用会社が、2兆5000億ドルといわれる企業年金基金市場を次の投資チャンスと見ている、と報じている。
ここ2年間は、スペシャリストと呼ばれる独立系の年金投資の専門会社が、投資銀行やヘッジファンドからの支援を受けながら、企業年金が直面する債務リスク、特に、年金加入者の寿命延長で将来の年金支払いに必要な債務の肥大化リスクを利用して、ビジネスを展開している。スペシャリストや金融保証会社は、年金の債務返済を保証するか、年金プランそのものを買い取る方法で、将来の債務リスクをヘッジ、あるいは、リスク全体を解消している。年金買収の場合は、買収後、デリバティブや複雑なリスクマネジメントの手法を用いて、年金基金をより効果的に運用する戦略を取っている。アナリストは、企業は将来の年金基金の債務肥大化を懸念しているので、年金買収や債務保証の事例は一段と増加すると見ている。今週も、英鉱山会社ロンミンがスペシャリストのパターノスターに年金基金を売却、FTSE100株価指数の構成銘柄の中では、同社が第1号となった。投資コンサルティング会社の調査によると、FTSE100種株価指数の構成企業の少なくとも10社が現在、年金の債務保証や買収で交渉中といわれる。今年は、債務保証や買収取引額が前年比4倍増の190億ドルを超すと見られている。Dow Jones
News And Insights From London's Financial Center



2.5兆ドルを運用する英国の年金基金業界を狙うヘッジファンドに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする