トップ >  米石油開発会社のバルコ、役員選出を巡り大株主のヘッジファンドを提訴

米石油開発会社のバルコ、役員選出を巡り大株主のヘッジファンドを提訴

米石油資源開発会社バルコ・エナジーは13日、同社の筆頭株主であるヘッジファンドのナネス・デロルム・パートナーズを相手取り訴訟を起こしたと、ダウ・ジョーンズが14日付で報じている。
コモディティ専門のヘッジファンド運用会社ナネス・デロルムは、バルコの発行済み株式の8%に相当する470万株保有、同社の筆頭株主となっているが、同社の経営手腕に問題があるとして、昨年6月4日に開かれた年次株主総会で、3人の取締役候補を提案し、会社側との対立が激化していた。

テキサス州の連邦地裁に提出された訴状によると、ナネス・デロルムと同社のスイスのパートナーであるピラタス・エナジーは、違法な手段を用いて、バルコの資産の乗っ取りを計画、他の株主の利益に損害を与えようとしているという。

バルコの主張によると、ナネス・デロルムは、株主総会の委任状を勧誘する際、文書を偽造し、連邦証券法に違反したという。ナネス・デロルムは文書を偽造することで、ピラタスやピラタスの重要決定を行う黒幕的な存在、Le Floch-Prigent氏(2000年に仏石油会社トタルと合併したエルフ・アキテーヌの元代表)のことを、他の株主から隠していたという。

これに対して、ナネス・デロルム側は他の株主に対し、「我々は、バルコは潜在的に大きな価値を持っていると確信しているが、新しい取締役を導入しなければ、業績は業界平均の水準を下回り続けるだろう」といった内容の書簡を送り、また、バルコ側の主張については「根も葉もない」として反論している。Dow Jones
VAALCO Sues Hedge Fund, Partner In Proxy Fight



米石油開発会社のバルコ、役員選出を巡り大株主のヘッジファンドを提訴に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする