トップ >  日本に投資するスイスのヘッジファンド償還停止

日本に投資するスイスのヘッジファンド償還停止

日本への投資を専門にするスイスのヘッジファンド運用会社が、1月の損失が発端となり、ファンドを解約停止にしたことが報じられた。
今回ファンドの解約停止が伝えられたのは、2006年4月創業のスイスのヘッジ・ヴィジョン・キャピタル。同社は、日本を中心にしてアジアへの投資を行う新興国市場戦略をとっている。問題のヘッジファンドは、2006年11月にローンチした「Hedge Vision Japan Fund」で、運用資産額はおよそ1,400万ドルだったと伝えられている。運用戦略は日本株専門のロング・ショートだったが、今年の1月に相場の方向性の予測を誤ったことから14.13%のマイナスを計上し、投資家が相次いで解約を求めるという事態に陥った。これにより、1月末にはファンドの運用は停止され、ファンドの縮小が3月末まで続いた。しかし、ヘッジ・ヴィジョン・キャピタルは日本市場の先行きに楽観的で、同ファンドで投資家から新たに資金を調達し、再浮上する機会を狙っている。



日本に投資するスイスのヘッジファンド償還停止に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする