トップ >  アクティビスト・ファンドのTCI、昨年は40%のリターン―シード提供のファンドも好成績

アクティビスト・ファンドのTCI、昨年は40%のリターン―シード提供のファンドも好成績

電力大手のJパワーは、同社株を9.9%保有する筆頭株主の英ヘッジファンド、TCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・マスター・ファンド)からの株主提案を拒否したと7日付けのロイターが報じている。

TCIは、同ファンドが推薦する社外取締役2名の受け入れと、株式持ち合いの解消、経営戦略などの見直しなどを求めていた。
TCIは、2003年にクリス・ホーンが英国で設立したヘッジファンド。ホーン氏はTCI設立前に、大手ヘッジファンド、ペリー・キャピタルで7年間ポートフォリオ・マネージャーとして活躍した。「ザ・チルドレンズ・インベストメント」の名は、恵まれない子供たちへの救済を意味しており、運用資産の一部を慈善団体「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド財団(CIFF)」に毎年寄付する契約を締結している。

TCIはアクティビスト、つまり「もの言う株主」型のヘッジファンドとして欧州で名を馳せている。昨年は、オランダのABNアムロ銀行の買収劇でアクティビストとして活動を展開し、同社株の売却で莫大な利益を得たという。また2005年には、ドイツ証券取引所のロンドン証券取引所に対する買収について、反対活動を展開し、結果的に買収を断念させた経緯を持つ。

TCIの昨年1年間のリターンは40%で、平均的なヘッジファンドの4倍以上に上る。TCIの高いパフォーマンスをさらに上回るファンドはごくわずかだが、その中でも特に注目されているのがアルジェブリス・インベストメンツである。同ファンドは、TCIのホーン氏がシード資金を提供したヘッジファンドで、市場関係者によると昨年1年間のリターンが53%以上に上るという。

アルジェブリスの運営するダビデ・セーラは、モルガン・スタンレーのアナリストをしていたが、2006年夏にABNアムロ銀行の案件でホーン氏と関係を構築し、2006年10月にはシード資金の提供を受けている。TCIとアルジェブリスは、ロンドンの同じビルに入っており、管理スタッフやバックオフィスを共有している。また、ホーン氏は他にも2本の新規ファンドにシード資金を投入しているという。



アクティビスト・ファンドのTCI、昨年は40%のリターン―シード提供のファンドも好成績に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする