トップ >  米PE投資会社カーライル、政府向けコンサルティング会社を買収

米PE投資会社カーライル、政府向けコンサルティング会社を買収

政府向けコンサルティング最大手のブーズ・アレン・ハミルトンは16日、主要事業部門の株式の過半数をプライベート・エクイティ大手のカーライル・グループに売却した、と報じた。
株式取得総額は、2億5,400万ドル。今後は、株主や規制当局の承認を経て、今年後半に株式譲渡を完了する見通し。今回のカーライルへの株式譲渡を受けて、ブーズアレンは一段と政府向け事業に注力する考えで、もう一つの民間企業向け事業部門は別会社化して本体から切り離す意向だ。ブーズアレンの政府向け事業は、顧客に防衛や情報通信、ヘルスケアなどの重要な政府機関を抱え、全世界に80のオフィスを持ち、従業員数は1万8,000人を数える。同事業部門の営業収入は27億ドルを超える。カーライルは、政治力を駆使して企業買収を実現してきたことで知られ、過去にはブッシュ元大統領や英国のメイジャー元首相との関係も指摘されている。今回のブーズアレンの株式取得を通じて、カーライルはワシントンの政界での発言権を高める効果を期待している。



米PE投資会社カーライル、政府向けコンサルティング会社を買収に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする