トップ >  ファンド向けサービス会社の米アルプス、ヘッジファンド事務管理会社を買収

ファンド向けサービス会社の米アルプス、ヘッジファンド事務管理会社を買収

米国のファンド向けサービス会社アルプス・ファンド・サービスが、ヘッジファンド事務管理会社のプライス・メドウズの買収を発表した。
ファンド運用会社向けの総合サービス会社、アルプス・ファンド・サービスは15日、ヘッジファンド向けのアドミニストレーター業務を行うプライス・メドウズの資産を買収したことを明らかにした。プライス・メドウズが管理する資産の規模は約60億ドル。今回の合併で新たに誕生する新会社アルプス・プライス・メドウズは、アルプスの傘下に加わる予定。

プライス・メドウズは1987年に元ヘッジファンド・マネジャーが創業した会社で、創業者の2名は引き続き新会社の経営に参加する。プライス・メドウズはヘッジファンド、ファンド・オブ・ファンズ、プライベート・エクイティなど、国内外のファンドと取引を行っている。ファンドの立ち上げから、ポートフォリオの管理、ファンドの会計まで、ヘッジファンド関連サービスをほぼ全て網羅している。

一方のアルプスは、オープンエンド型、クローズドエンド型、オルタナティブ、ETFなどのファンドに対し、事務管理、コンプライアンス、会計事務、法務、マーケティング、税務処理など総合的なサービスを提供しており、顧客の運用資産規模は総額で約320億ドルとなっている。今回の買収によって両社の長所を融合し、さらなるサービスの向上を目指すとしている。



ファンド向けサービス会社の米アルプス、ヘッジファンド事務管理会社を買収に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする