トップ >  英運用会社の不動産ヘッジファンド、ローンチから1年間で29%のリターン

英運用会社の不動産ヘッジファンド、ローンチから1年間で29%のリターン

英国のオルタナティブ運用会社リーチAIMは19日、欧州の不動産に投資する旗艦ヘッジファンドが、ローンチから1年間で29%のリターンを上げたと、欧米の複数メディアが報じている。
リーチAIMのファンド名は「Iceberg Alternative Real Estate I Fund」で、アイルランド証券取引所に上場している。資産規模は1.6億ドル、同ファンドは、商業不動産サービスの世界最大手CBリチャード・エリス・グループとの合弁事業となっている。

報道によると、同ファンドは2007年5月にローンチし、1年間で29.12%のリターンを上げたもよう。また、先月は0.87%のプラスで、2008年の年初来リターンは4.09%のプラスとなっているという。

リーチAIMのスポークスマンは、取材に対して「ファンドは、依然として英国内への投資が大きな比重を占めている。英国は不動産のデリバティブ市場が発達しており、迅速な評価額の判断が可能な点が大きな要因。しかし、今後は欧州全域の不動産に投資比率を高めていく」とコメントしている。



英運用会社の不動産ヘッジファンド、ローンチから1年間で29%のリターンに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする