トップ >  ヘッジファンド業界の統一評価基準―米パラディン・システムズ

ヘッジファンド業界の統一評価基準―米パラディン・システムズ

ヘッジファンド専門のITサービス提供会社の米パラディン・システムズは20日、ヘッジファンドのポートフォリオ評価基準に関するレポートを発表した。
パラディンが発表したレポート「Hedge Fund Portfolio Pricing Best Practices」では、ヘッジファンドのポートフォリオに対する業界基準の評価法を構築するには、ヘッジファンドに関係する全ての業種(アドミニストレーター、プライムブロカー、金融当局)の協力が必要であると指摘されている。現在は、業界で標準化された評価基準が存在しないため、同様の資産で構築されたポートフォリオでも、異なった評価額が算出されてしまう危険性が存在している。ヘッジファンドマネージャーは、ポートフォリオの保有資産を公開することでファンドの運用戦略が漏れてしまうことを懸念しているが、業界基準の評価法が公開され、情報公開プロセスが全ての資産クラスで承認されれば、保有資産の報告がファンドの詳細部分に関するものではなことから、ファンド特有の運用戦略の漏洩を防ぐことになる。同レポートによると、業界統一基準の導入によって、バックオフィスやミドルオフィスの機能が拡充され、ヘッジファンドの透明性が高まることから、より多くの資金がヘッジファンドに流入すると考えられている。業界の透明性が高まれば、投資家はヘッジファンドへの投資額を増やし、ヘッジファンドは豊富な資金調達が可能となることから双方にとって利点があると指摘している。



ヘッジファンド業界の統一評価基準―米パラディン・システムズに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする