トップ >  ヘッジファンド業界、第1四半期の運用資産額は1.4%減少

ヘッジファンド業界、第1四半期の運用資産額は1.4%減少

今年第1四半期におけるヘッジファンド業界の運用資産額(AUM)は前年同期比で1.4%減少し、累計でおよそ2.85兆ドルであったことが、調査会社ヘッジファンド・ネット(HFN)の発表で明らかになった。
HFNの調査によると、ヘッジファンド業界全体への新規流入は530億ドルあったものの、運用成績での損失が931.8億ドルと流入額を大きく上回り、今年第1四半期の総運用資産額は前年同期比で1.4%減少となり、約2.85兆ドルであったという。◆ファンズ・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)
今年第1四半期、パフォーマンスが振るわず571.9億ドルの損失を計上したが、新規流入が718.5億ドルと過去4年間で2番目に高い水準となったことから、運用資産額は1.1%増の1.4兆ドルに達した。大手機関投資家が継続してFoHF経由での投資配分を高めている兆候といえる。◆債券、株式ファンド
債券ファンドと株式ファンドは対照的な結果となった。債券はパフォーマンスがマイナスだったものの、新規流入が多くて資産額は3.6%増の5547.9億ドルであった。一方、株式は、既存ファンドでの解約が相次ぎ、5.4%減の1兆ドルとなった。◆新興国
昨年最もパフォーマンスがよかった新興国向けヘッジファンドでは、新規流入が94.5億ドルあったものの、運用による損失が278億ドルと大きく、資産額が5.5%減少する結果となった。南米向けファンドは新規ファンドのローンチや新規流入が多く、資産額は29.8%増で212.8億ドルに達した。東欧向けは運用成績で115億ドルの損失を計上し、10.4%減の927.3億ドル。MENA(中東及び北アフリカ)向けは、新規流入が5.29億ドルあり、8.4%増の42.6億ドルとなった。◆ディストレスト、CTA
ディストレスト戦略ファンドは、パフォーマンスが好調であったことから新規流入も含め60.4億ドルの新規流入があり、資産額が3.3%増の2,523億ドルとなった。またCTA/マネージド・フューチャーズは15.3%増で1,960億ドルといずれも好調だった。◆エネルギーセクター
エネルギー関連ファンドは、運用成績で129.1億ドルの損失を計上し、資産額は12.8%減の1,222億ドルとなった。昨年11月と今年1月の大幅な相場の下落により、解約と清算が相次いだことが影響したとみられている。



ヘッジファンド業界、第1四半期の運用資産額は1.4%減少に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする