トップ >  鉄鋼株の上昇で巨額の利益を得るヘッジファンド

鉄鋼株の上昇で巨額の利益を得るヘッジファンド

鉄鋼価格の上昇により鉄鋼各社は増益となり、関連銘柄に投資していたヘッジファンドは大きな利益を得ている。
現在、鉄鋼関連銘柄は活気を帯びている。2007年のダウ・ジョーンズ米国鉄鋼指数はプラス27.41%で、年初来で約25%上昇している。米国の鉄鋼各社が勢いに乗っている理由に関して専門家は「鉄鋼は、ドル安の影響から輸入が減少し、輸出が増加している。そして、ドル換算での輸入鉄鋼価格は高値になっている」とし、米国の鉄鋼各社が国内市場のみならず輸出でも利益を上げていると説明した。現在の状況が変わらなければ、関連各社の第2四半期の業績は「爆発的」なものになり、ドルが強さを回復するまで業績は上昇し続けるだろうと予想されている。鉄鋼銘柄に投資しているヘッジファンドのリターンも、業績好調を背景に大幅に拡大している。ヘッジファンド運用会社トンティーヌ・パートナーズは、風力エネルギー関連銘柄への投資で大きな利益を得たが、割安な株価で購入した鉄鋼株によって利益を増幅させた。また、アクティビスト・ヘッジファンドとしても知られるハービンガー・キャピタル・パートナーズは、サブプライムローン市場への逆張りで大きな利益をあげ、2007年のリターンが100%を大きく上回ったことが知られているが、その利益の一部は鉄鋼株によるものである。両社とも、まだ割安だった約10年前に鉄鋼株を購入していたが、業界再編が加速する現在、さらなる利益を追求するべく、ポジションを拡大しようとしている。Dow Jones
Two Top Hedge Funds Riding Steel Price Boom To Huge Gains



鉄鋼株の上昇で巨額の利益を得るヘッジファンドに関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする