トップ >  米国の富裕層、2008年の米国株式に楽観的な見通し――調査会社

米国の富裕層、2008年の米国株式に楽観的な見通し――調査会社

富裕層向け金融サービスの調査部門を持つPNCウェルスマネジメントの調べによると、米国経済に対して悲観的な見方が広がっている一方で、米国の富裕層の間では、米国株式に対して楽観的な見通しを持っている投資家が去年の2倍になっているという。
同社によれば、投資可能な資産を1000万ドル以上持つ富裕層の個人の51%は、株式による来年のパフォーマンスに対し、楽観的な見方をしている。富裕層の投資家はそれ以外の投資家よりも長期的な見解を持っており、市場が不安定になったときを好機としてより良いポジションを取る傾向がある。
また、投資家は特に楽観的なセクターとしては、エネルギー、テクノロジー、ヘルスケアを上げており、逆に金融、製造、輸送、小売株には悲観的な見方が強かった。



米国の富裕層、2008年の米国株式に楽観的な見通し――調査会社に関連する記事

2007年12月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする