トップ >  FRBの利下げに対する否定的見解、米ヘッジファンド業界に波紋

FRBの利下げに対する否定的見解、米ヘッジファンド業界に波紋

26日付けの米投資週刊誌バロンズによると、米連邦準備制度理事会(FRB)が先週、今後の利下げに対して否定的な見解を示したことが、ヘッジファンド業界で論議を呼んでいるという。
利下げによる市場への流動性の潤沢供給に歯止めがかかることを、多くのヘッジファンド・マネージャーが懸念。流動性に歯止めがかかると、住宅購入やクレジットカードなどで多額の負債がある個人消費者の破産が相次ぐ可能性があるからだ。

米運用会社INGインベストメントのファンド・オブ・ファンズ事業の共同責任者、ハロルド・ユーン氏は「ヘッジファンド・マネージャーは非常に神経質になっている」と述べ、クレジット市場の投資家達は、最近の市場が持ち直している状況においても、ショートのポジションを取っていると指摘する。また、原油と食料品の価格が高騰していることも拍車をかけているという。

また第2四半期は、企業の収益が悪化する可能性が浮上している。そのため、一部の資金は、資本財や注目度の高い中国やインドのインフラ関連の企業の株式に流れているものの、総じてどのマネージャーも、株式へのエクスポージャーを減らしているという。

ユーン氏は「しばらくは大きな流入も流出もないだろう」とコメント。期待できるのはディストレスト資産の投げ売りだという。またM&A活動も有力視されている。Dow Jones
Barron's(5/26) Fund Of Information: Consumers Worry Hedgies



FRBの利下げに対する否定的見解、米ヘッジファンド業界に波紋に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする