トップ >  仏IT企業アトス、中断した株主総会に関してヘッジファンドと協議

仏IT企業アトス、中断した株主総会に関してヘッジファンドと協議

仏IT企業のアトスは、混乱のうちに中断した株主総会の扱いに関して、ヘッジファンドとの間で協議を行っている。
仏IT企業アトス・オリジンは現在、22日に開催した年次株主総会がを中断しているが、今後の手続きに関して、パーダス・キャピタル・マネジメントとケンタウルス・キャピタルのヘッジファンド2社との間で再開に向けての交渉を進めている。調整がまとまれば、アトスと2つのアクティビスト・ヘッジファンドは共同で、「継続」もしくは「延期」の期日に関し、株主に投票を求める提案を打ち出す。状況の詳細は不明だが、交渉は破綻する恐れもあると伝えられている。両ヘッジファンドは、ディディエ・シェルピテル監査役会会長の退陣を要求していたが、同要求は継続されている。さらに、取締役会の過半数を確保できれば、企業の売却を含め、幅広い事業の見直しを求める構え。アトス側はこれに対して争う姿勢を示している。23日には、同社の創業者で前CEOのベルナルド・ブリジョー氏が、アトス監査役会へ立候補しない意思を明らかにした。両ヘッジファンドはブリジョー氏を取締役候補の1人として挙げていたが、監査役会と経営陣の一部からの反発を受けて、辞退する意向を示した。Dow Jones
Atos In Settlement Talks With Activist Hedge Funds



仏IT企業アトス、中断した株主総会に関してヘッジファンドと協議に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする