トップ >  英ヘッジファンドのウィントン・キャピタル、日本の団塊世代の資産に焦点

英ヘッジファンドのウィントン・キャピタル、日本の団塊世代の資産に焦点

ブルームバーグは27日付の記事で、英ヘッジファンド運用会社のウィントン・キャピタルが、日本の団塊世代の資産に狙いを定めていることを報じた。
ブルームバーグなど金融メディアの報道によると、英ヘッジファンド運用会社のウィントン・キャピタル(運用資産額144億ドル)は、新たなファンド事業展開の場として日本に狙いを定めている。マネージド・フューチャーズを戦略の柱とする同社は、1,500兆円の個人資産を有する日本で、定年退職者が今後急増することを見込み、オルタナティブ投資へ資金の流れを呼び込む狙いだという。ウィントン・キャピタルの創業者デビッド・ハーディング氏は昨年、2億2,500万ドルの報酬を得て、ヘッジファンドマネージャー高額報酬ランキングで5位となった。昨年には、ゴールドマンサックス傘下のPEファンド「ピーターシル」が、ウィントン株式の10%を取得したことが報じられた。



英ヘッジファンドのウィントン・キャピタル、日本の団塊世代の資産に焦点に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする