トップ >  ブラックストーン、アポロ・マネジメント、特殊化学メーカー買収に向け協議

ブラックストーン、アポロ・マネジメント、特殊化学メーカー買収に向け協議

プライベート・エクイティ大手のブラックストーンとアポロ・マネジメントが、農薬などを扱う特殊化学製品メーカーとの間で買収交渉を進めていることが明らかになった。
プライベート・エクイティ大手のブラックストーン・グループと、同業大手のアポロ・マネジメントは、農薬などを扱う特殊化学製品メーカーのケムチュラとの間で買収交渉を進めていることが情報筋から明らかにされた。今回の報道を受け、ケムチュラの株価は急騰している。ケムチュラは昨年12月、企業売却までを視野に入れ、経営戦略上の選択肢を探っていることを明らかにしていた。同社のアドバイザーを務めているのは、米大手投資銀行のメリルリンチ。資金調達の難航やケムチュラの決算発表を待っていたこともあり、交渉開始からすでに数ヶ月間が経過している。今後の協議しだいで交渉が決裂する可能性もある。ただ、今回の買収が成立すれば、下火になっていたM&A復活の新たなサインとなるかもしれない。ここ数週間に、プライベート・エクイティ大手のカーライル・グループが、米コンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトンの政府機関コンサルティング部門を25.4億ドルで買収。また、同業大手2社が、医療メーカーのブリストル・マイヤーズ・スクイブの創傷ケア製品部門を41億ドルで買収することで合意している。ブラックストーンとアポロは、これまでにもナルコ・ホールディングやヘクシオンなど、特殊化学(スペシャリティ・ケミカル)セクターに積極的な投資を行ってきた。今回の交渉に関して、両社はコメントを拒否している。Dow Jones
Blackstone, Apollo In Talks To Buy Chemtura



ブラックストーン、アポロ・マネジメント、特殊化学メーカー買収に向け協議に関連する記事

2008年05月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする