トップ >  現UBSコモディティ部門責任者、現職退き天然ガス専門ヘッジファンドへ

現UBSコモディティ部門責任者、現職退き天然ガス専門ヘッジファンドへ

5月28日付のダウ・ジョーンズによると、エンロンの天然ガス価格操作疑惑に関わり、現在UBSコモディティ部門で責任者を務めるトレーダーが現職を退き、天然ガス専門の新設ヘッジファンドに参加する。
現UBSコモディティ部門グローバル共同代表のハンター・シベリー氏は、現在の地位に就いてからわずか7ヶ月未満であるにも関わらず、来月にローンチを予定している天然ガス専門ヘッジファンド運用会社サスコ・エナジー・パートナーズに参加する模様だ。シベリー氏は、1999年から2001年の間、史上最大規模の破綻で知られるエンロンで天然ガストレーダーを務めた。エンロン破綻の原因ともなった不正な取引に携わったとのことで米商品取引委員会(CFTC)と裁判で争っていたが、4年前に30万ドルの支払いなどを定めた和解に合意した。シベリー氏がUBSに参画したのは2004年。共同代表を務めるようになったのは半年ほど前のことだった。今後2ヶ月間はUBSに籍を残し、北米のエネルギー関連の業務に携わる。その後、トッド・エッセ氏が現在準備しているサスコ・エナジー・パートナーズに籍を移す。エッセ氏は、センプラ・エナジーにて12年間コモディティ取引に携わり、欧州部門と天然ガス部門の創設にも取り組んだ。UBSのコモディティ部門の今後の責任者に関しては、現在同じく共同代表を務めるトッド・モラキス氏が総代表を務める見通し。Dow Jones
UBS Commodities Co-Head To Join Hedge Fund



現UBSコモディティ部門責任者、現職退き天然ガス専門ヘッジファンドへに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする