トップ >  バークレイズ・キャピタル、10億ドル規模のクレジット市場投資型ヘッジファンドをローンチ

バークレイズ・キャピタル、10億ドル規模のクレジット市場投資型ヘッジファンドをローンチ

英投資銀行バークレイズ・キャピタルは2日、10億ドル規模のヘッジファンドをローンチしたと発表した。
バークレイズは同社のクレジット投資部門であるバークレイズ・ストラクチャード・プリンシパル・インベスティング(BSPI)を通じて、ジュニア債(高リスク)への投資を行う10億ドル規模のヘッジファンド「Barclays Structured Principal Investing Fund」をローンチしたと発表した。今後、運用規模をさらに5億ドル拡大する可能性がある。最終的には120億ドルの運用規模を目指す。最近の金融市場の混乱で、割安となっているメザニン債や優先株などに投資する計画で、1件当たりの投資額は2000万ドルから1億5000万ドルになるとしている。また、機関投資家など共同出資者との共同で、プライベートエクイティ(PE)投資も行う。同ファンドは、バークレイズの米国のレバレッジド・ローン(融資先企業のキャッシュフローを担保とした貸し出し)事業の一環となるもので、米国のレバレッジド・ファイナンス事業の共同代表であるリック・バン・ジル・ザイルとジョー・マクグラスの両氏が運用を担当する。



バークレイズ・キャピタル、10億ドル規模のクレジット市場投資型ヘッジファンドをローンチに関連する記事

2008年06月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする