トップ >  2008年の英ファンド業界、ファンド・オブ・ヘッジファンズが資金集めで有利に

2008年の英ファンド業界、ファンド・オブ・ヘッジファンズが資金集めで有利に

英国のファンド業界では、信用危機が発生して以降、資金集めに困難を強いられているが、一方でファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHFs)は今年、資金集めがしやすくなるとの見通しを、9日付のロイターが伝えている。
2007年は株式市場が不安定に変動し、FT100指数のリターンもプラス5.3%と低調に終わり、ファンド・マネージャーなど運用者の2008年に対する見通しも弱気が目立っている。こうした環境にも関わらず、FoHFsは、例えばサブプライム関連証券に底値に賭ける投資戦略などにより、好成績を収めている。

ある投資信託アナリストはロイターの取材に対して「ファンド業界にとって状況は厳しさを増しているが、プライベート・バンキングの世界では、ヘッジファンドやFoHFsに対するアセット・アロケーションがさらに増える傾向にある」と述べている。

また、英大手ヘッジファンド、テムズ・リバー・キャピタルで投資ディレクターを務めるマイケル・ウォーレン氏は「中規模の年金基金、プライベートバンクの運用者や株式ブローカーなどから、ヘッジファンドに対するニーズがある」と述べている。テムズ・リバーの運用するヘッジファンド「テムズ・リバー・マルチ・ヘッジ」は、2007年7月に7000万ポンド、また11月にも8350万ポンドの資金を集めている。

特にFoHFsは、単一の戦略のみでなく複数の戦略に分散投資する効果を持つことから、2008年も引き続き高い需要が見込まれる。その場合、資金が向かうのは資金規模が大きいファンドになる傾向が強まりそうだと、同紙は伝えている。



2008年の英ファンド業界、ファンド・オブ・ヘッジファンズが資金集めで有利にに関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする